PR

 日本ネットワーク・アプライアンス(ネットアップ)は2月16日、仮想テープ装置「NearStore VTL600/1200」と、ストレージ用の暗号化アプライアンス「Decru DataFort E-Series version 3」の出荷を開始した。VTLシリーズは、通常、磁気テープにバックアップするデータをディスクにバックアップするためのストレージ。DataFortは、ストレージやテープに保存されるデータを暗号化するためのアプライアンス製品だ。

 VTLシリーズは、ハードディスクを論理的な多数のテープ装置に仮想化することで、サーバー側の構成はテープにデータをバックアップする仕組みのままで、データをディスクに保存できるようにする。 テープの物理的な検索や入れ替え作業が不要になるため、通常のテープライブラリを使う場合に比べてデータのバックアップ/リカバリを高速化できる上に、作業も一元化できる。

 仮想テープ装置は、米EMCや米IBMなどストレージ大手は既に出荷しているが、ネットアップはVTLシリーズが初めてとなる。特徴は、仮想テープに多量のバックアップデータが集中した場合でも、自動的に負荷を分散してバックアップ時間を短縮する機能を備えることだ。ディスク容量はVTL600が最大84テラバイト、VTL1200が最大168テラバイト。それぞれ1万本分、2万本分の仮想テープとして利用できる。主要な磁気テープ用バックアップソフトがそのまま使え、米EMCや日立製作所といった他社のストレージからのバックアップが可能になる。

 DataFortは米ネットワーク・アプライアンスが昨年買収し子会社化した米デクルーの製品。IPネットワーク上に設置して使い、ストレージやテープに保存するデータはいったんDataFortを通り、暗号化してから保存されるほか、データ圧縮機能も備える。ネットアップの高沢冬樹マーケティング本部長は、「VTLとセットで使うことで、バックアップデータのセキュリティが保たれる」という。

 価格はVTLシリーズが2200万円から、DataFortが400万円から。伊藤忠テクノサイエンス(CTC)や兼松エレクトロニクスなどの販売パートナーを介して提供する。

 ネットアップは併せて、VTLシリーズの設計・構築支援サービスを、ユーザー企業の用途ごとにパッケージ化した3種類のコンサルティングサービスを開始した。基本サービスの「VTL Design & Implementation Service」、災害対策システム向けの「Disaster Recovery 同」、バックアップ/リカバリシステム向けの「Backup & Recovery 同」である。

 コンサルティングサービスはネットアップもしくはパートナーが提供するが、「極力、パートナーが提供するモデルにしていきたい」(高沢本部長)という。そのため、同社は社内にトレーニングルームを設置し、パートナー向けの技術セミナーを増やすといった施策に取り組んでいる。