PR

 アクセラテクノロジは,同社が運営するブログ検索サイト「アクセラナビ」のデータベース・サーバーをPostgreSQLからOracleへ移行する。2006年1月から移行作業を開始しており,2006年中に移行が完了する予定。移行作業はミラクル・リナックスが担当している。

 市場性が未知数な初期段階では,オープンソース・ソフトウエアを利用してコストを抑えてサービスを開始。ユーザーが増加し高い性能が必要とされるようになるとともに,コストをかけることが可能になった時点でスムーズ有償ソフトウエアに移行する。そのようなシナリオも可能なことを示した事例と言える。

 アクセラナビは,ブログのエントリを検索できるサイト。データベース・サーバーにPostgreSQL 8.0.3を採用していた。検索対象記事数は2005年7月のサービス開始時約1500万件だったが,2006年2月には1億件となり,データベースのメンテナンス処理であるオンライン・バキュームが3日かけても終了しなくなったという。

 2台のPostgreSQLサーバーを1台のOracle Database10g搭載サーバーに統合,Linuxも32ビット版から64ビット版(x86-64対応MIRACLE LINUX)に移行した。

 WebアプリケーションはPHPおよびPerlで作成,検索エンジンにはアクセラテクノロジのAccela BizSearchを利用している。

 またミラクル・リナックスは,オープンソース・ソフトウエアMySQとPostgreSQLからOracleデータベースへの移行コンサルティング・サービスを開始したと発表した。費用はユーザデータ移行サービスが60万円から,データベース設計支援サービスが60万円から,など。