楽天とNTTドコモは10月11日、オークション事業における資本提携と新会社設立を発表した。

 楽天は12月1日に、同社の個人向けオークションサービス「楽天フリマ」を切り離し、新会社「楽天オークション」として分社化。12月16日にNTTドコモを割当先に、第三者割当増資を行う。新会社の増資後の資本金は16億5000万円で、資本比率は楽天が60%、NTTドコモが40%となる。

 新会社はeコマースにおける楽天のノウハウと携帯サイトでのドコモのノウハウを統合。パソコンと携帯電話からオークションを利用できるようにして、日本最大規模のオークションサービス提供会社を目指す。ただし具体的なサービス内容や開始時期、決済方法などの詳細は未定となっている。