KDDIと東京電力は10月13日、通信事業において包括提携すると発表した。東京電力子会社のパワードコムをKDDIが吸収合併し、FTTH(fiber to the home)事業を統合する。「NTTグループに対抗しうる企業グループを早期に形成する」(KDDIの小野寺正社長)のが狙いだ。

 KDDIによるパワードコム吸収合併は株式交換で行い、2006年1月1日付けで行う。KDDIとパワードコムの合併比率は1対0.0320。

 なお、パワードコム子会社のフュージョン・コミュニケーションズやドリーム・トレイン・インターネット(DTI)などは今回の提携の対象にはなっていない。そのため、合併期日までに東京電力か、そのほかの第三者企業への譲渡を予定しているという。