11月28日、電通は在京テレビ局5社と事業会社の設立を検討していることを発表した。新会社は、コンテンツ流通を活性化するために、コンテンツの配信やテレビのようなインタフェースの構築、安心してコンテンツを選択/視聴できる場の整備などをするという。参加するテレビ局はテレビ朝日、テレビ東京、東京放送、フジテレビジョン、日本テレビ放送網の5社。

 現在、日本テレビ放送網が「第2日本テレビ」で過去に放送したコンテンツを配信するなど、各社独自コンテンツのネット配信に向けて動き出している。新会社の具体的な事業内容など、今後の見通しに関しては「まだ白紙の状態だが、(昨今のさまざまな状況を見ていると)スピーディーに対応しなければいけないと考えている」(電通)という。