[画像のクリックで拡大表示]

 ソースネクストは12月1日、アップデートの有効期間をインストール後3カ月に限定することで価格を下げた、500円のウイルス対策ソフト「ウイルスセキュリティ500」を発売した(写真)。同社は現在、書店やコンビニエンスストアなどに、ソフト製品の販路を拡大する戦略を進めている。そこで「コンビニエンスストアの平均客単価560円以内で買えるようにする」(同社)ために、従来1980円で販売している「ウイルスセキュリティ」製品の廉価版を作ったというわけだ。3カ月が過ぎても、1年間で1980円の更新手続きをすれば同ソフトをアップデートしながら使い続けることができる。