ケイ・オプティコムが運営している光ファイバーインターネット接続サービス「eo光ネット」と、IP電話サービス「eo光電話」に、12月3日15時ごろ、通信障害が発生した。電話投票を行った特定の電話番号への接続要求が大量、発生し、そのため、IP電話処理装置に過負荷が発生したのが原因。その電話番号がeo光電話が接続未対応の電話番号だったことも過負荷をさらに増大させることとなった。eo光電話とeo光ネットは同一の認証サーバーを利用しているために、eo光電話の障害が影響してeo光ネットも接続できない状態になってしまったという。

 インターネットサービスは20時すぎに、電話サービスは22時30分すぎに復旧したが、それぞれ最大で2万3000人、14万6000人に影響を与えた。