米ソニーBMG・ミュージックエンタテインメントは12月4日、同社の一部音楽CDに含まれるコピー防止ソフト「XCP」の削除ツールの新版を公開した。同社サイト(http://cp.sonybmg.com/xcp/english/updates.html)で入手できる。一部ファイルなどがWindowsから認識できなくなる機能のみを削除することも、XCP本体を含む関連ファイルすべてを削除することも可能だ。

 なお、12月6日には、同社の音楽CDなどに含まれる別のコピー防止ソフト「MediaMax Version 5」にも脆弱性があると判明。削除ツールの提供が始まったが、米電子フロンティア財団では、このツールにセキュリティ上の問題があるため、適用しないように呼びかけている。