PR
カマル・シャルマ社長(左)とヨハン・クーレンベリ氏
カマル・シャルマ社長(左)とヨハン・クーレンベリ氏
[画像のクリックで拡大表示]

 インテンシア(東京都渋谷区、カマル・シャルマ社長)は2月21日、ERP(統合基幹業務システム)ソフトの最新版「インテンシア・アプリケーション・スイート5.2(IAS5.2)を国内でも発売すると発表した。新製品は、「Movex」を中核に、CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)やSCM(サプライチェーン・マネジメント)など8つの主要モジュールで構成。「当社の製品は他社と異なり、OSやデータベースなどが特定製品に限定されず、ユーザー企業が自由に選択できる点が大きな強み。Javaにも完全対応するなど先進的なプラットフォームを提供できる」(カマル・シャルマ社長)。

 今回は特に日本版SOX法に対応した機能のほか、日本も商習慣に対応する機能も強化。さらに英語版だがモバイル関連や電子調達、スケジュール管理、「Intentia Performance Analysis」と呼ぶ業績管理の機能なども追加した。これら英語版の機能も年内には日本語していく。このほか営業支援や電子調達など一部機能はIBMのWebSphere上で稼働し、サプライチェーンの効率化や外部企業とのコラボレーションが容易になるという。

 国内の中堅企業向けのERP市場は、多くのITベンダーが参入しており激戦地帯。インテンシアはファッション、設備保全管理、食品・飲料、流通などの特化することで特徴を出している。「ライバルが恐竜だとすると、インテンシアは、いわばワニといえるだろう。変化に対応し適切に進化することで生き抜いているからだ」とプロダクトマネジメントを担当するヨハン・クーレンベリ氏は語る。新製品を投入することでインテンシアは、年内には国内で約20社の新規顧客の獲得を目指す。