リニューアルしたYahoo!動画の画面(上)と、会見を行う孫正義ソフトバンク社長と井上雅博ヤフー社長(下)
リニューアルしたYahoo!動画の画面(上)と、会見を行う孫正義ソフトバンク社長と井上雅博ヤフー社長(下)
[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]

 ソフトバンクとヤフーは2005年12月19日、ポータルサイト「Yahoo!JAPAN」で提供中の動画配信サービス「Yahoo!動画」(http://streaming.yahoo.co.jp/)のサービス拡充を発表した。動画コンテンツの調達やシステム運用は、両社の共同出資による新会社「TVバンク」が担う。

 Yahoo!動画は、約10万本の動画コンテンツにアクセスできるネット動画ポータルとして生まれ変わる。コンテンツの内訳は、無料動画1万6000本、有料動画1万5000本、そしてYahoo!検索でインデックス化している、約7万本にのぼるネット上の動画となる。基本的に、動画配信時の広告収入から利益を得るビジネスモデルだ。ユーザーからの動画投稿も受け付ける。独自コンテンツとしては、韓国や台湾のテレビドラマのほか、福岡ソフトバンクホークスの試合やハリウッド映画の旧作などが用意される。「日本のテレビ局とも協力体制を築いている」(ソフトバンクの孫正義社長)というが、これまでの動画配信サービス同様、ドラマやバラエティ番組の配信は含まれていない。利用に際しては、特にユーザー登録は必要なく、Windows Media Playerをインストールしたパソコンで動画を視聴できる。

 ユーザー数が500万人を突破し、ネット上の無料動画配信サービスで先行するUSENの「GyaO」は12月19日、BSフジと共同で、テレビとネット両方で公開するオリジナルドラマ「おいしい殺し方」の制作発表を行った。ネットで過去のドラマやバラエティを配信するのは、権利処理の手間やコストの関係で、事実上ほぼ不可能となっている。今回のUSENの取り組みも、独自コンテンツの作成を推進する一環だ。ソフトバンクとヤフーの参入により今後は、独自コンテンツの作成も含んだ、優良コンテンツの奪い合いが予想される。