モバイルWiMAXカードを接続したPDA
モバイルWiMAXカードを接続したPDA
[画像のクリックで拡大表示]

 KDDIは2月16日、同社が描く未来像である「ウルトラ3G」構想の実証システムを大阪市内で報道陣に公開した。ウルトラ3Gは、中核を担うネットワークをIPで構築し、携帯電話や固定電話、光ファイバーといったさまざまなアクセス回線をそこにつなぐという構想。どの回線から接続しても同じように使え、利用中に別の種類の回線に切り替えても通信を継続できる。

 ウルトラ3Gを支える技術として、無線でブロードバンドを可能にするモバイルWiMAXを紹介。KDDIは、現在の携帯電話に加えて、モバイルWiMAXによる無線サービスも提供し、ウルトラ3Gにつなぐ方向で検討している。デモでは、モバイルWiMAX対応機器を取り付けたバスを用意し市街地を巡回。下り方向が最大約19Mbps の無線回線を経由して、複数の高精細動画がコマ落ちせずにダウンロードできる様子を紹介した。将来的には、モバイルWiMAX対応のパソコンやケータイも提供したい考えだ。

 さらにウルトラ3Gで実現可能なサービスとして、モバイルWiMAXで接続したPDAで始めたテレビ電話を、光ファイバーのつながった大画面テレビに切り替えるデモも実施。映像や音声が途切れることなくテレビ側に切り替わった。