PR
[画像のクリックで拡大表示]

 サン・マイクロシステムズは2006年2月23日,ビジュアルにJavaのWebアプリケーションを開発できる統合開発環境「Sun Java Studio Creator 2」日本語対応版の無償提供を開始した。開発者向けの技術情報サイト「Sun Developer Connection(SDC)」からダウンロードできる(会員登録が必要)。

 この製品は,オープンソースのJava統合開発環境であるNetBeans 4.1を基に開発された。マウスによるドラッグ&ドロップだけで,WebアプリケーションやJSR-168に準拠したポートレット(ポータル構築用の部品)を開発できる。JavaServer Faces(JSF)コンポーネントのライブラリを内蔵しており,表,カレンダー,ツリー,タブセット,ファイル・アップロードなど,多くのコンポーネントを利用できる。AJAX対応のJSFコンポーネントも備える。

 作成したアプリケーションは,Java System Application Server,BEA WebLogic,IBM WebSphere,TomcatといったJava EE対応コンテナに配備できる。稼働OSはWindows 2000 Professional(SP4)/XP ProfessionalおよびHome(SP2)/Server 2003,Solaris 9/10,Red Hat Enterprise Linux 3,Mac OS X 10.3.4/10.4。