PR

 VA Linux Systems Japan(以下VAリナックス)は2月22日,分散開発支援ツールの新版「SourceForge Enterprise Edition 4.3」を発売した。新版では“寄せ書きツール”Wikiを統合し,プロジェクトのメンバーの情報共有をより容易にすることを図った。

 SourceForge Enterprise Editionは,ソースコードの登録・管理ツール,バグ登録・管理ツール,開発仕様書などを共有したりプロジェクトのコミュニケーションを図るための掲示板やメーリング・リスト管理ツールなどを統合した分散開発支援ツール。

 VAリナックスではオープンソース開発者向けに開発支援サイトSourceForge.jpを無償で提供しているが,SourceForge Enterprise EditionはSourceForge.jpで使用しているソフトウエアの企業向け版。

 新版「SourceForge Enterprise Edition 4.3」では,誰でもWebページを自由に編集できる“寄せ書きツール”Wikiを統合した。開発メンバーがメモなど定形外の情報をを気軽に書き込んで共有することで,情報共有がより密になるとしている。

 またワークフロー機能での状態変更の権限設定の細分化や,登録データに変更があった場合にメールで通知するモニター機能なども強化した。