PR

 NTT東日本は2月24日,同社の業務委託先社員の自宅にあるパソコンがウイルスに感染し,NTT東日本NTT西日本の顧客情報および社員情報がファイル交換ソフト「Winny」によりインターネットへ流出したと発表した。

 ウイルスに感染したのは,NTT東日本栃木支店の業務委託先であるNTT東日本-栃木の社員が自宅に保有するパソコン。同社員はこのパソコンへ顧客情報などを社内から持ち出して保管していた。21日に総務省からNTT東日本に対し情報流出についての連絡があり,社内調査の結果23日に事実と判明した。

 流出した顧客情報の内容は,氏名または会社名,住所,電話番号,契約回線数など。通話記録は含まれていないという。件数は個人807,法人589の計1396ユーザー。うち6ユーザーはNTT東西共通の顧客。流出した社員情報の内容は氏名,所属組織,電話番号,メール・アドレスなど。件数は229人分で,内訳はNTT東日本が225人,NTT西日本が4人。

 NTT東日本は,該当する顧客へ連絡をし謝罪と事情説明を行う予定。また再発防止策として,個人情報の取り扱いに関する全社員への周知や教育を徹底し,情報管理体制を強化するとしている。

(山崎 洋一=日経コミュニケーション