PR

 ソニーとNECは2月27日、光ディスクドライブの合弁会社「ソニーNECオプティアーク」を4月3日に設立すると発表した。出資比率はソニーが55%、NECが45%。社長にはソニーでビデオ事業本部副本部長を務める山村真一氏が就任する。設立時の従業員数は約350人となる。

 ソニーとNECは4月に光ディスクに関する事業をソニーNECオプティアークに移管する。2004年度で、ソニーとNECの光ディスクに関する売り上げは合計で約2200億円。当面はDVDを軸に事業を進めていくとしている。次世代の光ディスクに関して、ソニーはBlu-ray Disc、NECはHD DVDを推進しており競争関係にある。これについては「当面はDVDに注力しつつ、需要や時期を見ながら判断していく」(ソニー)としている。