PR
シックス・アパート代表取締役の関信浩氏
シックス・アパート代表取締役の関信浩氏
[画像のクリックで拡大表示]
CSV形式を読み込んでユーザーを一括登録
CSV形式を読み込んでユーザーを一括登録
[画像のクリックで拡大表示]

 シックス・アパートは,CSV(カンマ区切り)形式のテキストでユーザーの一括登録を可能にするなど企業情報システム向けに運用管理機能を強化したブログ構築ソフト「Movable Type Enterprise日本語版」を2006年3月10日に出荷する。価格は50万円から。初年度販売目標は500社。

 Movable Typeは,Webベースの情報発信・共有ソフトである。グループウエアなど既存の情報共有ソフトと比べて,個人のアイデアのメモ書きといった非定型情報を全社で共有しやすくなる。理由は,情報を発信するための精神的な敷居が低いことである。従来であれば発信されずに埋もれていた個人のアイデアを全社で共有することにより,議論が活性化し,企業全体の利益につながるというシナリオだ。

 Enterprise版では,企業情報システムとの親和性を強化した。具体的には,大きく3つある。(1)利用可能なRDBMSとして米Oracleが開発した「Oracle 10g」を使えるようにした。(2)ユーザー情報管理と認証にLDAPを使えるようにした。(3)CSV形式のテキスト・ファイルでユーザーの一括登録を可能にした。

 利用可能なDBMSは当初,Berkeley DBとMySQLだけだった。2005年の9月にPostgreSQLとSQLiteを使えるようにして,PostgreSQLに慣れた企業ユーザー層を取り込んだ。今回,商用DBであるOracleを利用可能としたことで,企業向け市場に攻勢をかける。今後も,「シェアの大きなRDBMSを使えるようにしていく」(代表取締役の関信浩氏)。