PR

 NTTPCコミュニケーションズは2月28日,迷惑メール送信対策の一つ「Outbound Port 25 Blocking」(OP25B)を,自社サービスおよび提携先インターネット接続事業者(プロバイダ)で実施すると発表した。具体的には,ボットに感染したパソコンなどからメールを送信できないように発信規制する。OP25Bが実施されるサービスは,InfoSphereと,NTTPCがネットワーク設備を貸し出している提携先プロバイダ数十社。6月1日から開始する。

 OP25Bは,自宅から会社のメール・アドレスで送信したり,自営のメール・サーバーからメールを送信する際に使う25番ポートを利用できなくする手法。代わりに,NTTPCコミュニケーションズは3月1日から「Submissionポート」への対応を始める。これはTCPの587番ポートを使用する方法。OP25Bを実施する他のプロバイダからでもメールの送信が可能になる。