PR
ビックカメラSuicaカード
ビックカメラSuicaカード
[画像のクリックで拡大表示]

 東日本旅客鉄道(JR東日本)とビックカメラは2月28日、ビックカメラのポイントをSuicaにチャージできる「ビックカメラSuicaカード」の発行を3月15日より開始すると発表した。「ビックカメラSuicaカード」は、Suica機能を搭載するJR東日本のクレジットカード「ビュー・スイカ」とビックカメラの「ビックポイントカード」を1枚にしたカード。

 カードにたまったポイントは、1000円単位でSuicaにチャージできる。年会費は初年度が無料。2年目以降は、前年にクレジットカード決済の利用歴がある場合は無料。利用歴がない場合は、年500円が必要となる。現在ビックカメラではSuicaの読み取り端末を17店舗に設置しているが、これらの店舗にSuicaにチャージ可能な端末も設置するという。

 現在、ビックカメラでクレジットカードを使って商品を購入すると、現金払いに比べて2%ほどビックカメラのポイント還元率が低くなる。今回のビックカメラSuicaカードを使えば、クレジットカード決済を利用しても、通常の現金払いと同じ還元率でポイントを付与してくれる。