PR
Yahoo!360°(ベータ版)のトップ画面イメージ
Yahoo!360°(ベータ版)のトップ画面イメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 ヤフーがソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「Yahoo!360°」のベータ版の提供を2月28日に開始した。「Yahoo!360°」は米ヤフーが2005年3月にベータ版として公開しているものの日本語版。

 SNSは会員制のサービス。参加するには、すでに登録している人からの紹介が必要になる。紹介された後、自分のページを持ち、そこでプロフィールや日記を公開する。国内ではmixiGREEが有名である。

 Yahoo!360°の特徴は、日記やプロフィールの公開を細かく設定できること。公開するメンバーを「地元の友達」などとグルーピングし、そこに含める友人を自分で選んで登録。グループは複数作成することが可能で、一人の友人を複数のグループに登録することもできる。

 さらに、自分のページは20種類ある背景から選択してカスタマイズできたり、Yahoo!360°上から登録されている複数の友人にメッセージを一斉に送信することもできる。

 今後は、3月下旬に気の合った会員が集まる「コミュニティ」機能を追加する予定。5月からはYahoo! BB会員またはYahoo!プレミアム会員であれば、紹介がなくても利用できるようになる。

 正式版の提供は「未定」(ヤフー)だが、今後は「Yahoo!メッセンジャーなど80以上のサービスとYahoo!360°を連携させていきたい」(ヤフー)と言う。