PR
[画像のクリックで拡大表示]

 3月1日、オープンソースの(CMS)コンテンツ管理システム「Drupal」の日本語情報サイト「Drupal-jBox.net」がオープンした。サイトの構築、運営を行っているのはDrupal日本語ユーザー有志。

 DrupalはオープンソースのCMSで、ユーザーがコンテンツを簡単に登録、管理し、統一されたデザインで公開、検索や整理できる。オープンソースのCMSはXOOPS CubeやZopeなど多数あるが、Drupalの特徴は、ブログ、フォーラム発言、画像等の、あらゆるタイプのコンテンツを「ノード」として統一して扱うこと。また、軽量であり、APIにより拡張が容易であるという。

 Drupal-jBox.netでは、一方的な提供ではなく、ユーザーによる情報交換を重視する。Drupal-jBox.netはもちろんDrupalで稼働している。