PR
大日本印刷が開発した「商品情報クリップサービス(仮称)」
大日本印刷が開発した「商品情報クリップサービス(仮称)」
[画像のクリックで拡大表示]

 大日本印刷(DNP)は3月2日,小売店の店頭で顧客が商品を検討した履歴を残せる「商品情報クリップサービス(仮称)」システムを開発したと発表した。このシステムはAmazon.comなどのECサイトが提供する購買支援機能に似た機能を実際の店舗で実現するもの。顧客が商品に付けられたタグを携帯電話のカメラ機能で撮影すると,携帯電話の画面に商品の情報が表示されると同時に管理用サーバーに参照履歴が蓄積される。

 商品情報クリップサービスは,2次元コードの「QRコード」と携帯電話で動作するJavaアプリケーション,情報蓄積用のサーバーで構成する。QRコードには商品コードや店舗コードを埋め込んである。顧客は専用アプリケーションを携帯電話にダウンロードして利用する。商品の詳細な情報は商品コードなどを基にサーバーから入手する。専用アプリにはIDが生成されるため,顧客ごとに興味を持った商品の把握が可能になる。

 同社は3月7~9日に東京ビッグサイトにて開催されるICカード関連の展示会「IC CARD WORLD 2006」でデモを実施。2007年第2四半期から小売りやイベント企画,出版などの企業に向け販売する計画。デモではNTTドコモのiアプリを利用しているが,今後はその他の携帯事業者向けにも拡張する予定。さらに,2次元コードを利用せず,撮影した商品写真を画像解析し,商品名などを自動判別する機能を追加する予定だ。