PR
[画像のクリックで拡大表示]

 ノーテルネットワークスは3月2日、ユーザー認証や検疫の機能などをワンセットにしたアプライアンス製品「Secure Network Access Switch(SNAS)4050」を発売すると発表した。認証サーバーや検疫サーバー、クライアントソフトなどが不要になり、導入や運用コストの低減につながる点が大きな特徴だ。

 今回の製品は、中小企業から大企業まで幅広いユーザー層をターゲットにしている。「SNAS 4050は、ワンボックスで認証と検疫を実施できるシンプルな構成にしている。当社は今年から“BUSINESS MADE SIMPLE”のコンセプトを掲げており、ユーザー企業のビジネスをシンプルにするためにITで様々な支援をしていきたい」(本間隆光エンタープライズ・マーケティング部長、写真)。

 SNAS 4050は同社製の「Ethernet Routing Switch 8300」「Ethernet Routing Switch 5500」と一緒に使うことが前提。ただし今後は、他社製品にも順次対応できるようにする計画という。IDとパスワードによる認証のほか、トークンなどにも対応する。価格は200ユーザーの場合で296万9000円。追加ライセンスは、100ユーザーで82万5000円から。最大1000ユーザーに対応し、858万円になる。