PR

 アッカ・ネットワークスとマイクロソフトは3月3日,地方公共団体などに向けたWindowsシステムとブロードバンド回線の一括提供で協業すると発表した。地域社会の中小企業や教育機関,地方公共団体に向けた新ソリューションを提供する。

 例えば町役場と町立病院や図書館などを,アッカが持つ広域イーサネットなどの閉域網で結び,マイクロソフトのWindows Server 2003やActive Directoryなどのシステムと一括で提供する。こうした拠点では,個別にネットワーク管理者を置くことが難しかった。閉域網で結ぶことにより,ファイアウォールやサーバーなどを1拠点に集約し,管理の負荷やコストを軽減できる。

 また両社は,監視カメラや自動販売機などの機器同士が通信するM2M(machine to machine)分野でも協業する。アッカのM2M向けブロードバンド閉域網と,マイクロソフトの組み込みOSであるWindows Embeddedを利用したソリューションをPOS端末や工作機械などのネットワークを手がけるインテグレータに一括提供することを目指す。