マイクロソフトとアッカ・ネットワークスは3月3日、中小企業や自治体、学校などのコミュニティ向けソリューションで協業すると発表した。アッカがコミュニティの各拠点間を閉域網で結び、そのネットワーク上でマイクロソフトが「Windows Server 2003」や「Active Directory」を一括で提供する。閉域網でネットワークを構築するため、ファイアウオールやサーバーを拠点ごとに設置する必要がなくなり、低コストでセキュアなネットワークが導入できるという。セキュアな閉域網で構築されたネットワークのため、匿名性を排除したネット上のコミュニティ形成や、地域の安全性確保のための監視システムも導入しやすいとしている。

 さらに両社は監視カメラや自動販売機といった機器同士がネットワークを介して通信するM2M(マシン・ツー・マシン)分野でもソリューション開発で協業。アッカによるM2M向けネットワークとマイクロソフトの組み込みシステム向けWindows Embededなどを利用したソリューションを共同で提供していく。