PR
写真 KDDIの無線LAN/3Gデュアル端末「E02SA」。三洋電機製の「W41SA」をベースにしている。
写真 KDDIの無線LAN/3Gデュアル端末「E02SA」。三洋電機製の「W41SA」をベースにしている。
[画像のクリックで拡大表示]

 KDDIは3月6日,無線LAN機能を搭載した第3世代携帯電話(3G)端末「E02SA」(三洋電機製,写真)を7月に発売すると発表した。VoIP(voice over IP)による内線通話に対応し,IP-PBXと組み合わせることで内線電話端末として利用できる。またKDDIは同時に,新しい無線LAN携帯電話を使う内線電話ソリューション「OFFICE FREEDOM」を開始することも発表した。

 無線LAN機能を搭載した第3世代携帯電話では,2004年末に投入した無線LAN/FOMAデュアル端末「N900iL」(NEC製)と内線電話ソリューション「PASSAGE DUPLE」を持つNTTドコモが先行している。KDDIは,新端末のE02SAとOFFICE FREEDOMでこれに対抗する。

 KDDIの新端末は,オフィスでは無線LANを利用したIP電話機,社外ではau携帯電話として動作する。呼制御プロトコルはSIP(session initiation protocol)に対応。利用できるIP-PBXは未公開だが「今後,順次発表する」(KDDI広報)としている。

 無線LAN規格はIEEE 802.11bに加えてIEEE 802.11gにも対応し,オフィス内に多くの端末があっても安定した通話を可能にしている。さらに,通話品質やセキュリティを保つ仕様を盛り込んでいる。具体的には,「IEEE 802.11e」への対応でQoS(quality of service)を確保し,セキュリティはIEEE 802.1Xによる認証,WEP(wired equivalent privacy)やWPA(Wi-Fi protected access)による暗号化に対応することで守る。

 無線LAN経由のデータ通信にも対応し,携帯電話単体で業務システムに高速アクセスできる。特徴は,さまざまなフォーマットの業務システムを利用可能にしている点。新端末は,フルブラウザ「PCサイトビューアー」を搭載し,携帯電話向けWebサイトだけでなくパソコン向けWebサイトを閲覧できる。また,BREWアプリケーションを使ったデータのやり取りも可能だ。

 予想実勢価格は3万円台の半ば。法人ユーザー向けに,KDDIの法人営業部門やシステム・インテグレータなどの販売パートナーを通じて販売する。個人への販売は現時点では未定としている。