PR

 電気通信事業者協会(TCA)は3月7日、2006年2月末時点の携帯電話・PHS契約数を発表した。

 携帯電話事業者別の契約数ではNTTドコモが16万2300の純増で3カ月連続でトップ。auは27万5100の純増であったが、旧ツーカー・グループの純減11万4900を差し引いて、合計16万200の純増となった。ボーダフォンは1万2200の純増。

 第2世代携帯から第3世代携帯の移行契約数は前月ほどではないものの、今回も増加傾向にある。NTTドコモのFOMAは82万8400の、auのCDMA2000 1xは30万9300の、ボーダフォンのVodafone 3Gは19万5200の純増だった。携帯電話の総契約数が9076万7700であるのに対し、第3世代携帯の各社総契約数は4591万800。ついに携帯電話契約数のなかで、第3世代携帯が半分以上を占めるようになった。

 PHSのウィルコムは順調に契約数を伸ばし、6万4900の純増。累計の契約数は373万1200となった。