PR
写真1 シャープが開発したIEEE 802.11b/g準拠の携帯機器向け無線LANモジュール「DC2J1DZ115」
写真1 シャープが開発したIEEE 802.11b/g準拠の携帯機器向け無線LANモジュール「DC2J1DZ115」
[画像のクリックで拡大表示]

 シャープは3月9日,IEEE 802.11b/gに準拠した携帯機器向け無線LANモジュール「DC2J1DZ115」を発表した(写真1)。3月上旬にサンプル出荷を始める。

 新しい無線LANモジュールは,外形寸法が1cm角,厚さが1.6mmと小型なのが特徴。「電源管理機構を含めた無線LANモジュールとしては業界最小」(シャープ)。この強みを生かし,無線LAN搭載が進む携帯電話機やPDA(携帯情報機器)での採用を見込む。ただし,同社の携帯電話機やPDAへの搭載については「事業部との連携は取っているが採用は未定」(シャープ)という。

 携帯機器向けの無線モジュール市場では,米アセロス・コミュニケーションズや米ブロードコムなどが無線IP電話機や携帯電話機での採用を目指してしのぎを削っている。外形寸法の相場は1cm角前後だが,通信のないときに電源をカットするなどの電源管理に使う部品を別に用意する必要がある。今回発表した製品は,米コネクサント・システムズ社と共同で開発。コネクサントが無線LAN技術と電源制御機構,シャープが信号増幅器(パワーアンプ)とパッケージングを担当することで,電源管理機構を含めて1cm角の大きさを実現した。

 サンプル価格は2万円。量産開始の時期は未定だが,月産10万個を予定する。