PR

 NTT東日本とNTT-MEは3月9日,シン・クライアントを利用したリモート・アクセス環境構築サービス「Ubiffice(ユビフィス)データアクセスソリューション」を3月10日から開始すると発表した。

 新ソリューションでは,シトリックス・システムズ・ジャパンのターミナル・サーバー「Citrix Presentation Server」や,SSL-VPN装置「Citrix Access Gateway」をユーザー拠点のLAN内に設置。外出先の公衆無線LANや社員の自宅のブロードバンド回線から,会社のLANにセキュリティを確保してアクセスできるようにする。

 料金は個別見積もりで,10ユーザーの場合の料金はハードウエアやソフトウエアの価格を含めて230万円から。今回発表したサービスは第一弾で,今後はASP(application service provider)サービスなどを拡充する。「シン・クライアント・システムを,ASPサービスの形態で提供してほしいという声は多い。時期は未定だが提供する方向で検討している」(NTT東日本)。