PR
[画像のクリックで拡大表示]

 PBJは3月13日、米マイクロソフトが3月9日に詳細を明らかにした「Ultra-Mobile PC(UMPC)」(開発コード名「Origami」)の端末を4月中旬に日本で発売すると発表した。製品名は「Smart Caddie (スマートキャディ)」。価格は明らかにしていない。

 Smart Caddieは、「Windows XP Tablet Edition 2005(日本語版)」と、マイクロソフトがUMPC用に開発したユーティリティソフト「Touch Pack」を搭載する。タッチパネル方式の7インチディスプレイ(TFT液晶)を備え、入力用のペンも付属する。CPUは、台湾VIAテクノロジーズの「C7-M」を採用。重さは約860グラムで、大きさは幅228×高さ146×厚さ25.1mm。メモリーやハードディスク容量、価格などについては、4月に発表する。

 現時点で、日本市場へのUMPCの投入を正式に発表している企業はPBJのみ。同社は、タッチパネルやタブレット型PCの企画、製造、販売を手がけている。旧社名はペースブレードジャパン。