PR
Vega X5
Vega X5
[画像のクリックで拡大表示]
イタリアから日本に768kビット/秒で接続して会見した伊Aethra最高経営責任者のMarco Viezzoli氏
イタリアから日本に768kビット/秒で接続して会見した伊Aethra最高経営責任者のMarco Viezzoli氏
[画像のクリックで拡大表示]
VTVジャパン代表取締役の栢野正典氏
VTVジャパン代表取締役の栢野正典氏
[画像のクリックで拡大表示]

 TV会議システム専門ベンダーのVTVジャパンは,企業向けTV会議システムのハイエンド・モデルの新機種2製品を2006年4月16日に出荷する。開発会社は伊Aethra。価格は音声追尾機能などを備えた最上位機種「Vega X5」が96万2850円,下位の「Vega X3」が63万8400円。年間販売目標はX5が150台で9600万円,X3が700台で2億9800万円。

 Vega X5/X3は,従来機の後継機種。主な仕様はそのままに,最新型のチップを搭載して画質などを高めたほか,工業デザイナーを採用してデザインを重視した。主な仕様は以下の通り。映像の最大解像度は1024×768ドット,画像圧縮規格はH.264。音声マイクの指向性はX5が360度,X3が120度である。ネットワーク接続インタフェースは標準でイーサネット。X5は4Mビット/秒,X3は2Mビット/秒のスループットを持つ。

 イーサネット以外のネットワーク・インタフェースはオプションで用意した。INSネット64を収容するBRI(128kビット/秒)などを使用可能である。X5は最大6本のBRI(768kビット/秒)かPRI(1.5Mビット/秒)か専用線(2Mビット/秒)を使える。X3は最大1本のBRIを使える。外形寸法は,X5が幅540×高さ225×奥行230ミリ・メートルで重量は4.19キロ・グラム,X3が幅290×高さ140×奥行205mmで重量は2.55kg。

 TV会議システム市場は,地道に成長している。VTVジャパン代表取締役の栢野正典氏は,国内のTV会議システム市場について「現在で100億円の市場と言われているが,まだマーケットを大きくできるという確信がある。TV会議が有益でありながら使われていないシーンが残っている」と市場性の高さをアピールした。近く,TV会議システムの販売専門会社を設立する予定である。なお,VTVジャパンが2005年に扱った伊Aethra製TV会議システムの販売実績は約420台。