PR
写真 ボーダフォンのワンセグ対応携帯電話「Vodafone 905SH」
写真 ボーダフォンのワンセグ対応携帯電話「Vodafone 905SH」
[画像のクリックで拡大表示]

 ボーダフォンは3月15日,移動体向けの地上デジタル放送「ワンセグ」に対応した携帯電話「Vodafone 905SH」を発表した。「テレビ関連で今年上半期の最大の話題は6月開催のサッカー・ワールドカップ。この時期は逃したくない」(ボーダフォン広報部)という理由から,6月をメドに発売する。実売価格は2万円台後半になる見込み。

 ディスプレイは2.6型(240×400ドット表示)のモバイルASV(Advanced Super V)液晶を採用。液晶画面を横方向に90度回転できる機構を搭載し(写真),16対9のワイド放送をフルサイズで表示できる。ワンセグの連続視聴時間は,イヤホン使用時に約4時間(暫定値)。これまで発売されているワンセグ対応の携帯電話の中では,最も長い視聴可能時間となっている。

 ワンセグの字幕表示機能も搭載。なお録画やキャプチャ機能については「現在調整中で,搭載するかどうかは未定」(ボーダフォン広報部)となっている。

 ワンセグのほか地上波アナログ放送,FMラジオ放送の受信機能を搭載する。対応する通信方式はW-CDMA(国内のみ利用可能)。ボーダフォン版のおサイフケータイ機能である「Vodafone live! FeliCa」や,コンテンツ配信サービス「Vodafone live! CAST」にも対応した。重さは約143g。