PR
GUARDIANBOX ProCap
GUARDIANBOX ProCap
[画像のクリックで拡大表示]

 キヤノンシステムソリューションズは,中小企業の情報漏えい対策に主眼を置いたセキュリティ装置「GUARDIANBOX ProCap」を2006年3月24日に出荷する。電子メールの中身と送受信記録,およびWebアクセスの記録を保存して検索できるようにする。価格は150万円(税別),年間保守費用は35万円(税別)。

 GUARDIANBOX ProCapは,ネットワーク上に流れるパケットをキャプチャして電子メールとWebアクセスに関する情報を収集して保存する専用装置。メール中継サーバーやプロキシなどのようにネットワーク構成に手を加えずに利用できる。収集した情報を検索することで,情報漏えいが発生した際に事態の把握や原因究明に必要なデータを取得可能である。

 主な仕様は以下の通り。CPUはPentium4(3GHz),メモリーは1Gバイト,ディスクは250Gバイト,ネットワーク機能は1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T×2基。外形寸法は幅220×高さ341×奥行445mmで重量は7.5kg。