PR

 NTTドコモは2006年3月20日,グアム島やサイパン島をサービスエリアとする携帯電話会社のGuam Cellular & PagingとGuam Wireless Telephone Companyを7180万ドル(約83億円)で買収すると発表した。新たに立ち上げる投資持ち株会社を通じてGuam Cellularを買収したうえで,Guam CellularとGuam Wirelessを統合する計画である。規制当局の許可が得られ次第,実行する。統合後の新会社には,設備投資のために最大650万ドル(約7億5000万円)を投じることにしている。将来,W-CDMA方式による第3世代携帯電話サービスの導入を目指す。NTTドコモは既にGuam Wirelessを通じて,グアム島やサイパン島での国際ローミングを実現している(3月20日発表)。