PR
F5ネットワークスジャパン社長に就任する長崎忠雄セールスディベロップメントシニアディレクタ
F5ネットワークスジャパン社長に就任する長崎忠雄セールスディベロップメントシニアディレクタ
[画像のクリックで拡大表示]

 サーバー負荷分散装置などの大手であるF5ネットワークスジャパンは3月22日,4月1日付けで長崎忠雄セールスディベロップメントシニアディレクタが社長に就任すると発表した。長崎氏は「今後3年間で売上高を2.5倍にする」との経営目標を掲げた(写真1)。

 長崎氏は売り上げを高める戦略として,(1)日本市場向け投資の拡大,(2)新市場への参入,(3)販売代理店との協業関係の強化--を掲げた。

 戦略を具体化する施策の例もそれぞれ提示した。(1)の投資拡大の例には,顧客へのサポート体制の強化を挙げた。(2)には,通信事業者向け市場の掘り起こし,(3)には,WAN高速化装置など新規分野の製品をカバーするための代理店制度の拡充などを示した。

 長崎氏は2000年にF5ネットワークス日本法人に入社。営業畑を歩み,2004年に現職。「営業に一貫して携わってきたことで培った販売代理店への顔の広さや,リーダーシップには自信がある」(同氏)と意気込みを見せた。