PR

 米マイクロソフトは3月21日(現地時間)、次期Windowsである「Windows Vista」について、一般コンシューマ向け製品の出荷を、2007年1月に延期すると発表した。同社はこれまで2006年内に出荷すると発表していた。出荷延期となった製品の具体的な名前を発表していないが、「Windows Vista Home Basic」や「Windows Vista Home Premium」が該当すると見られる。

 出荷延期の理由をマイクロソフトは、メーカーが、Windows Vistaを搭載するパソコンなどを検証する時間が足りないことだと説明。「クオリティを優先した」という。

 一方でマイクロソフトは、ボリュームライセンスで販売するWindows Vistaの企業向け版については、今年11月に出荷する予定とする。ユーザー企業自身がWindows Vistaを早期に入手して、検証できるようにするためだという。

 マイクロソフトがコンシューマ向けと企業向けのWindowsの出荷日を、明確に区別するのは異例のこと。同社は、次期Office「2007 Microsoft Office」についても、当初、社内的には今年10月に出荷することを計画していたが、今年末に出荷予定を延期したばかりである。