PR
写真 PHS端末からテスト・サービスを利用してグループウエア「サイボウズ Offic 6」にリモート・アクセスしたイメージ
写真 PHS端末からテスト・サービスを利用してグループウエア「サイボウズ Offic 6」にリモート・アクセスしたイメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 サイボウズは3月23日,ウィルコムとモバイル事業で提携を結び,ウィルコムのPHS端末を利用したテスト・サービスを開始すると発表した。ユーザーはPHS端末を使い,社内のグループウエア・サーバーにセキュリティを確保した状態で接続できる。テスト・サービスの対象ユーザーは,サイボウズが独自に選定した企業のみ。本サービスの提供は2006年末を予定する。

 サイボウズでは,携帯電話やノート・パソコンを利用して出先から社内のグループウエア・サーバーにアクセスするサービス「サイボウズ Office 6 リモートサービス」を既に提供している。今回発表したテスト・サービスは,サイボウズがMVNO(仮想移動通信事業者)として端末の提供から課金・請求,サポートまでをカバーする点が異なる。

 ただし,テスト・サービスの段階では上記リモートサービスと仕組みや機能は全く同じ。PHS端末も三洋電機の「WX310SA」と日本無線の「WX310J」をそのまま利用する。本サービスでは,「端末にビジネス・アプリケーションを搭載したり,会議の5分前になると通知するようなプッシュ型サービスなどを提供することで,付加価値を打ち出していく」(青野慶久社長)。本サービス開始後1年間で2~3万人のユーザー獲得を目指す。

 なお,サイボウズは2005年8月にMVNOへの参入を表明済み。子会社のインフォニックスを通じてMVNO向けの課金・請求代行サービスを展開しているほか,今年2月20日には携帯サイトの構築を手がける「ゆめみ」と業務・資本で提携した。