PR
写真 米ウォルト・ディズニーがDisney Mobileで提供する「DM-P100」
写真 米ウォルト・ディズニーがDisney Mobileで提供する「DM-P100」
[画像のクリックで拡大表示]

 米ウォルト・ディズニーは米国時間の4月5日,携帯電話サービス「Disney Mobile」を6月から提供すると発表した。米スプリント・ネクステルの携帯電話ネットワーク「Sprint Nationwide PCS Network」を活用し,子会社のウォルト・ディズニー・インターネット・グループがMVNO(仮想移動通信事業者)となって提供する。

 Disney Mobileは,「Family Center」と呼ぶ家庭向けの機能を充実させた点が特徴。両親は子供の携帯電話の利用を詳細に管理できる。主な機能は,月当たりの通話可能時間の制限や利用状況の確認が可能な「Family Monitor」,通話できる相手や利用時間帯を制限できる「Call Control」,GPS(全地球測位システム)で居場所を特定できる「Family Locator」,警告メッセージを送信する「Family Alert!」など。Call Controlで利用時間が制限されている場合も両親や警察とは通話できる,といった細かい工夫が施されている。

 着信音や壁紙のオリジナル・コンテンツも用意しており,家庭だけでなく,あらゆる世代のディズニー・ファンの取り込みを狙う。サービス開始当初に提供する端末は,韓国パンテック・ワイヤレス製の「DM-P100」(写真)と,LG電子 MobileComm USA製の「DM-L200」の2種類。サービス料金は未公表だが,端末は2年契約で59ドル99セントから購入できるとしている。