PR
「オトナ語の謎。」の説明ページ。掲載語の索引も見られる
「オトナ語の謎。」の説明ページ。掲載語の索引も見られる
[画像のクリックで拡大表示]

 JWordは2006年4月5日、東京糸井重里事務所と提携して、「ほぼ日刊イトイ新聞」のコンテンツ「オトナ語の謎。」で説明している「オトナ語」を検索できるサービスを開始した。

 「オトナ語の謎。」は、「なるはや」(「なるべく早く」の略)や「あいみつ」(「あい見積もり」の略。複数の業者から見積もりをもらって比較すること)などといった、会社生活でよく使う「オトナ語」を説明するコンテンツ。

 JWordは、Internet Explorerのアドレスバーに直接キーワードを入力することで、Webサイトの検索ができるサービスを提供している。今回の提携により、同サービス利用時に、アドレスバーに検索したい「オトナ語」に「?」を加えて入力すると(例えば「なるはや?」)、すでに登録済みのオトナ語であれば「オトナ語の謎。」の説明ページに直接アクセスできる。

 JWordによると、現在NECやシャープなどの約3300万台のパソコンがJwordのサービスを利用するためのソフトをプリインストールしているという。このソフトは、JWordのサイトでダウンロードできる。