PR
37インチ液晶を搭載する「FMV-DESKPOWER TX」シリーズ
37インチ液晶を搭載する「FMV-DESKPOWER TX」シリーズ
[画像のクリックで拡大表示]
「FMV-BIBLO LOOX T70S/V」はワンセグ放送視聴に対応した
「FMV-BIBLO LOOX T70S/V」はワンセグ放送視聴に対応した
[画像のクリックで拡大表示]
録画した番組を3D表示で検索できる「3D MediaSurfing」(写真は「FMV-BIBLO NX90DS/D」)
録画した番組を3D表示で検索できる「3D MediaSurfing」(写真は「FMV-BIBLO NX90DS/D」)
[画像のクリックで拡大表示]

 富士通は2006年4月11日、パソコンの夏モデルを発表した。目玉は37インチ液晶を搭載したデスクトップ(関連記事)。2005年に32インチデスクトップを発表してから1年。ついにパソコン市場にも37インチ液晶搭載モデルが投入される。

 37インチ液晶を搭載するのは「FMV-DESKPOWER TX」シリーズ。地上・BS・110度CSデジタル放送対応のデスクトップパソコンだ。デザインや使い勝手もよりテレビに近くなった。既存製品が黒を基調としたデザインだったのに対し、今回はシルバーを採用。見やすい角度に左右20度の回転が可能な「スイーベル」機能にも対応した。テレビ専用リモコンを付属することで、テレビだけを使う場合に、より簡単に操作できるようにもしたという。6月に発売予定の上位機種「FMV-DESKPOWER TX95S/D」のドライブにはBlu-ray Discを採用している。

 「FMV-DESKPOWER TX」シリーズには「FMV-DESKPOWER TX TX95S/D」と「FMV-DESKPOWER TX TX90S/D」を用意。下位製品の「FMV-DESKPOWER TX TX90S/D」はCPUがPentium 4 517 2.93GHz、メモリーが512GB、HDDが400GBで推定実勢価格45万5000円。発売日は4月21日。

 今回の新製品で「FMV-DESKPOWER」シリーズすべてで無線LAN機能に対応した。

 「FMV-BIBLO」シリーズでは「FMV-BIBLO LOOX T」シリーズでワンセグ搭載モデルが登場。「FMV-BIBLO LOOX T70S/V」はワンセグチューナーカードをPCカードスロットに挿入して、ワンセグ放送を利用できるモバイルノート。10.6インチ横長液晶を搭載。CPUがPentium M 773 1.3GHz、メモリーが512MB、HDDが60GBで、「Office Personal 2003」を搭載し、推定実勢価格が28万円。発売日は4月27日。

 ほかにもドライブにHD DVD-ROMを採用した「FMV-BIBLO NX95S/D」も発表された。

 また、FMV-BIBLO NXシリーズをはじめ、テレビチューナーを内蔵したモデルには録画した放送を3Dで見ながら検索できる「3D MediaSurfing」を搭載。地上デジタル放送とアナログ放送の両方を1つの画面上で3D表示できる。画面上で奥に行けば行くほど、過去の録画番組になっている。ただ、3D MediaSurfingで表示される番組のサムネイル表示の対応はアナログ放送の録画番組だけ。録画番組を書き込み型のDVDに保存する「ムーブ」も3D MediaSurfingからはできない。

 今回の新製品はデスクトップもノートもすべてマイクロソフトが規定する「Windows Vista Capable PC」(関連記事)に対応している。