PR

 NTTドコモは4月13日,音楽や音声などのオーディオ信号にデータを乗せて伝送する「音響OFDM」技術を開発したと発表した。伝送速度は1kビット/秒以上で,テキスト・データなどを送信する用途を想定しているという。

 具体的には,テレビやラジオ放送の音声に番組やCMに関連したURLを乗せる,災害時の地域放送に避難場所などのテキスト情報を乗せる,イベント会場の場内放送に聴覚障害者や外国人向けのテキスト情報を乗せる--などをNTTドコモでは考えている。音声や音楽に乗せられたデータを携帯電話機に取り込んで,サイトにアクセスしたりテキストを表示したりする。

 この技術は,音声信号の高周波部分をカットしてデータを乗せたオーディオ周波数帯の信号と置き換えることで実現している。データを乗せた音波の波形に工夫を加えることで,音声・音楽への影響を最小限にとどめる。NTTドコモは,試作ソフトを搭載した市販のPDA(携帯情報端末)で,音楽・音声からデータを取り出すことに成功しているという。

 ただし,「データ変復調の計算量が多いなど携帯電話機に搭載する上で技術的な課題があるため,商用化の時期は未定」(NTTドコモ)としている。