PR

 ソフトバンクは4月14日,ボーダフォン買収完了後の方針を明らかにした。買収の発表後,ボーダフォンの既存ユーザーから「サービスはどうなってしまうのか」「ブランドは変わるのか」といった問い合わせが増えていたため。ボーダフォンと共同で発表した。

 今回の発表によると,ボーダフォンが提供しているサービスやメール・アドレスは今後も継続して利用できる。「LOVE定額」や「家族通話定額」といった定額サービス,「ハッピーボーナス」などの割り引きサービスも続けるという。メール・アドレスも現在のドメイン名「vodafone.ne.jp」のままにする。なお,ボーダフォンは過去に,J-フォンからブランド名を変えた際にメール・アドレスのドメインを変えた経緯がある。

 ただし,継続期間は未定。社名とブランド名の変更後に新しいサービスをどのように展開していくかはまだ決まっていないとする。携帯電話のラインアップやコンテンツ,サポート体制をこれまで以上に積極的に展開していくとするにとどめた。新しい社名とブランド名の発表時期は明らかにしていないが,4月下旬に開催予定の臨時株主総会で経営陣が決まったタイミングになる公算が高い。

 なおボーダフォンの社長にソフトバンクの孫正義社長が就任する考えを示したとの一部報道について,ソフトバンクは「孫に自ら務めたいとする意向があるのは事実」とした。