PR

 テクノロジックアートは2006年5月30日,東京都千代田区のJA国際会議場において,イベント「マーチン・ファウラー来日記念 ITトレンドセミナー ~SOAからオフショアまでIT業界の最新動向を探る~」を開催する。参加費は8400円(税込)。同社のUMLモデリング・ツールであるパターンウィーバーのユーザサポートに登録していると2100円(税込)で参加可能。同社のサイトで,本日から参加申し込みの受付を開始する。

 マーチン・ファウラーといえば,プログラムの振る舞いを変えずに内部構造を修正する技法「リファクタリング」の提唱者として知られるほか,XP(エクストリーム・プログラミング),アジャイル手法,アナリシス・パターンなど,ソフトウエア開発の様々な分野に功績があり,大きな影響力を持つ人物。最近では,「エンタープライズ アプリケーションアーキテクチャパターン 」(翔泳社発行)など,エンタープライズな開発についての著作も多い。

 同セミナーでは,エンタープライズ・アプリケーション・アーキテクチャとSOA(サービス指向アーキテクチャ)の関連について講演を行う予定だ。同氏の話を直接聞ける機会は滅多にない。興味のある方は,参加してみてはいかがだろうか。

[訂正]
本記事公開後,参加費用の変更がありました。お詫びして訂正します。