PR

 アッカ・ネットワークスは4月18日,2.5GHz帯の実験免許を総務省に申請したと発表した。免許が下りる予定の6月下旬から,無線ブロードバンド規格「モバイルWiMAX」(IEEE 802.16e)の屋外実験を開始する。実験は,4月3日に設置した坂田好男社長を室長とする「WiMAX推進室」が主導する。同時に,WiMAXの推進団体「WiMAXフォーラム」に加入したと発表した。

 実験期間は1年間で,場所は神奈川県の横須賀リサーチパークを予定している。周辺電界強度やスループットといった伝搬特性の検証のほか,VoIP(voice over IP)による音声通話やWebアクセス,動画ストリーミング,ホーム・サーバーとの連携といったアプリケーションの動作確認も実施する。

 実験に利用する基地局などのWiMAXシステムは,フランス・アルカテルの製品を採用する。実験で利用する周波数幅は10MHzを予定。5MHz幅の異なるチャネルを割り当てた基地局を2台用意し,カバレッジやハンドオーバーの特性を検証する。

 総務省は2月から,2.5GHz帯に無線ブロードバンド技術を導入する本格的な検討を開始した。アッカ・ネットワークスは,ADSL(asymmetric digital subscriber line)とモバイルWiMAXを組み合わせたFMC(fixed mobile convergence)サービスの実現を狙い,この周波数の獲得を目指している。