PR

 セキュリティ・ベンダーの英Sophosは現地時間4月20日,2006年第1四半期(1月~3月)におけるスパム(迷惑メール)の調査結果を発表した日本語訳)。同社のシステムで収集したスパムが,どの地域(大陸)・国から送られてきたものかを調査し,その集計結果を公表した。それによると,国別では米国が,地域ではアジアが最も多くのスパムを中継(送信)しているという。

 国別のランキングは以下の通り。

1位   米国 23.1%
2位   中国 21.9%
3位   韓国 9.8%
4位   フランス 4.3%
5位   ポーランド 3.8%
6位   スペイン 3.3%
7位   ドイツ 3.0%
8位   ブラジル 2.9%
9位   日本 2.0%
10位  英国 1.9%
11位  オランダ 1.8%
12位  台湾 1.6%

 スパムの2割以上が,米国および中国から送信されていることになる。同社によれば,2年前はスパムの半分が米国のコンピュータから送信されていたという。

 地域別(大陸別)のランキングは以下の通り。スパムの4割以上がアジアから送信されている。

1位  アジア 42.8%
2位  北米 25.6%
3位  ヨーロッパ 25.0%
4位  南米 5.1%
5位  オーストラリア 0.8%
6位  アフリカ 0.6%

 現在では,インターネット上のサーバー・マシンだけではなく,一般ユーザーのパソコンもスパムの踏み台に悪用されている。このため同社では,すべてのユーザーに対して,「スパムを中継するようなプログラム(ボットなど)を仕込まれないようにウイルス対策ソフトを利用する」「適切な設定を施したファイアウオールなどを利用する」「最新のセキュリティ・パッチを適用する」---ことを呼びかけている。

◎参考資料
Sophos report reveals latest 'dirty dozen' spam relaying countries
ソフォス,最新の「スパム送信国ワースト12」を発表