PR

 東京証券取引所は4月25日、売買システムと清算システムの増強を5月中に実施すると発表した。両システムの増強は2月に発表済みだが、今回、実施日を正式に決定した。

 まず5月8日に、清算システムの処理能力を1日当たり約定件数840万件に高める。現状は1日当たり500万件。当初の計画では700万件までの予定だったが、今年中に売買システムを1日当たり注文件数1400万件に増強する措置への対応を前倒しで実施した。

 これに続き、株式・CB売買システムを5月22日に増強。これまで1日当たり900万件の処理能力だったものを、約1.3倍の1200万件に高める。

 また同日の取締役会において、鈴木義伯CIO(最高情報責任者)を常務取締役の候補にすることを決定した。6月22日に開催する定時株主総会を経て正式に就任する。