PR

 日本IBMエム・ピー・テクノロジーズウィザードの3社は5月8日,IBM製のブレード・サーバーにUSBメモリーや認証ソフトを組み合わせたシン・クライアント・ソリューションを共同で提供すると発表した。同日付けで出荷を開始している。

 組み合わせる機材は,IBM製のブレード・サーバー「Blade Center」とウィザードのUSBメモリー型シン・クライアント「ezIPSEC DeskCenter」,認証およびゲートウエイ・サーバー・ソフトなど。仕組みはこうだ。USBメモリー型のezIPSEC DeskCenterをPCのUSBポートに挿入してPCをUSBブートしたら,認証/ゲートウエイ・サーバー・ソフトが稼働するBlade Centerを経由して社内システムにアクセスする。アプリケーションは,Windows Terminal ServicesやCitrix Presentation Serverが稼働するサーバー上で動作させ,端末側では画面データの再生成処理などを行う。

 別途,通信カードを組み合わせることでモバイル環境から社内システムにアクセスすることもできる。既存のPCを流用できるため,シン・クライアント専用端末を購入する必要はない。

 参考価格は,100クライアントで298万円から(モバイル環境で利用する場合には,通信カードや導入設定費用が別途必要)。同ソリューションは,IBMおよびエム・ピー・テクノロジーズが直販するほか,IBMのパートナ経由で販売する。