PR
パソコン向けサイトを検索して携帯電話の画面上で表示できる
パソコン向けサイトを検索して携帯電話の画面上で表示できる
[画像のクリックで拡大表示]
文字や画像の幅を携帯電話の画面に合うように表示する
文字や画像の幅を携帯電話の画面に合うように表示する
[画像のクリックで拡大表示]
「Googleは世界中の情報をデバイスから利用できるようにする」と語る米グーグルのエリック・シュミット会長兼CEO
「Googleは世界中の情報をデバイスから利用できるようにする」と語る米グーグルのエリック・シュミット会長兼CEO
[画像のクリックで拡大表示]

 KDDIは2006年5月18日、検索エンジン大手の米グーグルとの提携を発表した。携帯電話auのインターネットサービス「EZweb」向けの新検索サービスを提供し、携帯電話とパソコン向けサイトを横断的に検索できるようにする。EZwebを利用できる端末を対象に、7月からサービスを開始する。

 EZwebのトップページにGoogleの検索キーワード入力欄を設ける。検索結果では、EZwebの公式サイトなどの携帯電話向けサイト、パソコン向けサイトを同時に表示する。「着うた」などのコンテンツも検索できる。検索の利便性が高まることから「テレビを見ながら、雑誌を読みながら、何かあったら携帯電話でググるという新しいライフスタイルを提案したい」(KDDI コンテンツ・メディア事業本部長の高橋誠氏)という。

 パソコンのサイトを、そのままEZwebのブラウザー上で表示する機能もある。検索結果の一覧からパソコン向けサイトを選ぶと、携帯電話の画面に合わせて文字幅や画像の大きさを自動調整したうえで表示する。なお、フルブラウザーのPCサイトビューワーを搭載している機種では、検索結果からフルブラウザーの機能を呼び出すことも可能だ。

 発表会場ではKDDIの小野寺正社長兼会長と米グーグルのエリック・シュミット会長兼CEOからのビデオメッセージも紹介した。「昨年秋にGoogleのシュミット氏と会い、何かできないかと話をしてきた。Googleと魅力的なサービスを提供できるよう検討していく」(小野寺氏)「Googleのミッションは世界中の情報を整理してあらゆるデバイスから利用できるようにすること。KDDIの携帯電話からユーザーがアクセスできる情報が急激に増え、全く新しい経験が生まれる」(シュミット氏)と新サービスをアピールした。