PR
ハイビジョン映像の編集に対応した「VideoStudio 10」
ハイビジョン映像の編集に対応した「VideoStudio 10」
[画像のクリックで拡大表示]

 2006年5月18日、ユーリードシステムズは、ビデオ編集ソフトの新版「VideoStudio 10」を6月30日に発売すると発表した。価格は、通常版が1万5540円、乗り換え版が1万290円、ダウンロード版が9324円。

 新版は、ハイビジョン放送などで利用されるHD表示(最大1920×1080ドット)の動画に対応したのが特徴。デジタルビデオカメラやMPEG4カメラなどで撮影したHD表示の動画を取り込んで編集する。取り込んだ動画からプレビュー用の動画ファイルを作成する「スマートプロキシ機能」を備え、HD表示の動画を滑らかに再生して編集できる。

 新機能の目玉は手ぶれ補正機能。画面の一部を、被写体を中心に切り取って拡大することで、画面の揺れを抑える。発表会場では、他社製品の手ぶれ補正機能と効果を比較するデモを披露し、自社製品の優位性をアピールした。

 ユーザーインタフェースは全面的に見直した。中心にあったプレビュー画面を左端に配置し、左右に分かれていた作業ウインドウをすべて右側にまとめたことで、操作性が向上したという。画面レイアウトは変更可能。4種類の画面レイアウトから選べる。


【動画】他社製品の手ぶれ補正機能と比較するデモ(WMV形式)