PR
デルが5月23日より発売する「XPS M1210」
デルが5月23日より発売する「XPS M1210」
[画像のクリックで拡大表示]

 デルは2006年5月22日、同社の最上位ブランドである「XPS」シリーズに、新たにB5ファイルサイズノート「XPS M1210」を追加すると発表した。12.1インチ液晶(1280×800ドット)を採用し、重さは1.98kg。発売開始は5月23日で、CPUやメモリー容量、ハードディスク容量、光学ドライブ、グラフィックス機能などの仕様は好みに応じて変更できる。

 例えば、CPUはCore Duo T2300(1.66GHz)、同T2500(2GHz)、Celeron M 410(1.46GHz)、Celeron M 420(1.6GHz)が選べる。ただし、Celeron M搭載モデルの出荷は6月以降になる。メモリーは512MBから4GBまで搭載可能。グラフィックス機能はチップセット内蔵または、米エヌビディアの「GeForce Go 7400」が選べる。

 CPUがCeleron M 410、メモリーが512MB、80GBのハードディスク、DVD-ROM兼CD-RWドライブ、Windows XP Home Editionなどを搭載した基本構成モデルでの価格は13万8200円。