PR
Crystal Xcelsiusの画面例
Crystal Xcelsiusの画面例
[画像のクリックで拡大表示]

 日本ビジネスオブジェクツは5月23日、レポーティング・ツールの新製品「Crystal Xcelsius」(画面)を発表した。Excelやリレーショナル・データベース(RDB)などのデータを基にグラフを作成し、さまざまな分析を手助けするツールである。元データに変更を加えるとグラフにも反映できるのが特徴だ。

 XML形式のデータも対象とできるほか、Webサービスとのインタフェースを持ち、Webサービスで公開しているデータを取り込むことも可能だ。元データを指定しておくと、グラフの表示の都度参照しに行くため、最新のデータを表示できる。グラフは、すべてFlashで生成する。グラフ内にシミュレーション・ツールを組み込むことが可能で、Crystal Xcelsius上で数値を変更し、グラフを変化させることもできる。作成したグラフは、Flashデータを貼り付けた形で、PowerPointファイルやHTMLファイル、PDFファイルに出力する。

 製品は3種類ある。PowerPointへのみ出力が可能なStandard版と、PowerPointに加え、Flash単体やPDFにも出力できるProfessional版、ネットワーク経由でデータベースなどに接続し、データを取得できるWorkgroup版がある。価格(税別)は、Standard版が1ユーザー2万9000円、Professional版が同7万4500円、Workgroup版が同105万円。Workgroup版には、さらに、データを閲覧するためのライセンスが25人分も含む。出荷は7月14日から。